近視 遠視 乱視 老眼の違いとは?メガネをかけた時の見え方は?

最近、目が悪くなったかも・・・
いつもと見え方が違うんだよなぁ。



そんな、あなたは、

近視? 遠視? 乱視? それとも老眼?

 

今回は、裸眼で見た時の、それぞれの見え方と範囲

そして、メガネをかけた場合、どのぐらい見えるようになるのか

なるべく専門的な用語は使わずに、
わかりやすく解説したいと思います。

それでは、いってみましょう!\(^O^)/

スポンサードリンク


 

正視(せいし) 通常の見え方

まずは、普通の状態の正視(せいし)から見て行きますね。

正視とは、視力が良いということではなくで、
光が目に入ってきた時の屈折状態が正常という意味です。

seishi

こちらの図のように0~10m先まで、広範囲を見ることが可能です。

次に、同じ図を使って、近視・遠視・乱視・老眼がどのように
見えるのか見て行きましょう! ^^

 

 

 近視(きんし) 近くは見えて遠くが見えない。

まずは、近視から。

こちらは、光が目に入ってきた時の屈折が異常な状態にあることです。

近視は、裸眼の場合、

近くのものは見えるけど、遠くが見えにくくなります。

 

もともと、生まれつきのケースが多く、
「手元の教科書は見えるんだけど、黒板の字が見えない。」と
言われることが多いですよね。

 

kinshi

こちらの図のように、
裸眼だと1mちょっとまではよく見えるけど、
それ以上は見えにくくなります。

そこにメガネをかけると8mぐらいまで見えるようになります。

ちなみにメガネのレンズは、凹レンズ

近視は、メガネしなくてもいいようですが、
やっぱり見えないものは見えないので、
コンタクト含めて購入の検討が必要ですね。

 

よく「目を細めるとよく見える」というけど、
管理人も近視なので良く理解できます。

確かに目を細めると光の調整をする為か、
見えやすくなるんですよ。

例えて言うとカメラの絞りを強くするって感じかな。

ただ、「目つきが悪いっ!」て言われることが多いので、
そこは要注意ですね~!

 

スポンサードリンク


 

遠視(えんし) 近くと遠くが見えない。

次に遠視ですが、
近視と同様に屈折異常と呼ばれて、焦点が合っていません。

 

裸眼の場合は、

近くのものや遠くのものが見えにくくなります。

 

よく誤解されるのが、近視とは反対で、
「近くのものが見えにくくて、遠くがよく見える。」
ということですが、ちょっと違うんですね。

 

enshi

 

図のように、正視の時より20㎝程度近いものが見えにくく、
8m以上の遠くは見えにくくなります。

管理人の娘は、小さい頃から遠視でメガネをかけていますが、
あまり本人は自覚していないようで、
見え方は裸眼と変わらないようです。

ただ、年齢が上がると自分でもわかるようでした。

 

メガネは凸レンズで、目が大きく見えたりします。
虫眼鏡で見た感じのように・・・。

あと、パソコン作業は、長時間やると他に比べて
疲れてしまうので、ほどほどに。

 

 

乱視(らんし) 物が何重にも重なって見える。

実は、管理人も乱視なんです。

乱視になると、

例えば夜のテレビの電源ランプが20個以上に見えたり、
月が5個以上に見えたりと、
モノが何重にも見えてしまうんです。^^;

乱視も近視や遠視と同じに屈折異常によるもの。

モノが重なったりぼやけて見えるものです。

 

ranshi

 

この乱視には、縦横見え方が違います。

・・・というのも例えば、

学校や会社の健康診断の視力検査で、
「輪っかが空いている方を指さして下さい。」
って言われた時に、

同じ視力で、
「上下はわかるんだけど、左右がちょっとわからないなぁ。」
っていうイメージです。

 

ちなみに管理人は、上記にもあったように
近視でもあるので、近視と乱視が合わさった
近視性乱視になります。

megane

メガネの料金は乱視の矯正が入ると少し割高。

昔、近視の度が強すぎたのか、
1日で目が充血して真っ赤になってしまい、

眼精疲労と肩こりもハンパなく、
残念ながらレンズを交換することに・・・^^;

なので、メガネ作る時は、
お店の人からアドバイスもらって
少し度を抑えたレンズを選択して下さい!

 

 

老眼(老眼) 近くのものが見えにくい。

そして、最後に老眼です。

 

老眼は、近視・遠視・乱視の屈折異常ではなくて、
加齢による焦点調整ができない状態です。

近くのものが見えにくくなる状態です。

よく、おじいちゃん・おばあちゃんが
メガネを外して新聞読んだりしてますよね~。^^

 

人の目でカメラレンズの役割を果たしているのが、
水晶体って言うんですが・・・、

近視・遠視・乱視は、モノを見る時、
この水晶体の厚さを変えられるけど、

加齢とともに、この水晶体の厚さを変える力が
衰えて固くなり、焦点が合わすことができなくなるんです。


 

rougan

 

よく、遠視と間違えられるけど、
目の構造と機能による違いなんですね。

 

老眼の場合で、メガネで矯正した時は、
近くのものは見えるようになったけど、
逆に1m以上の遠くのものが見えにくくなります。


この理由も水晶体の厚さが変えられないからなんです。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

日本人は、近視や老眼で約50%以上
メガネやコンタクトレンズを使用しているそうです。

考えてみると多いですよね~。

それだけ、勉強熱心でパソコン利用率も多いのかな?

ganka

もし、メガネが必要になった時
再度お伝えしたいのは、

メガネの度が強いと、

近視や遠視の人はさらに度が進んで
しまう可能性があるということ。
(乱視は進みません。)


 

なので、これはよく見えるなぁと思っても、
ワンランク度を下げたものにして下さいね!

それでは、また!


スポンサードリンク



こんな記事も読まれています。



コメントを残す

このページの先頭へ