ピアノのコードの覚え方!初心者は主要三和音から♪

ピアノを習っている管理人です。^^

もうかれこれ3年になりますが、
曲がどんどん難しくなってくると
だんだん苦痛になってきたような・・・。^^;

piano

ただ、その前に、譜読みも苦手で
基本がわかってない気がするので
色々復習してみることにしてみました。

 

そこで今回は、
その中でも初心者が大切だと思う
主要三和音を中心に理解を深めていきます。

 

できるだけ、わかりやすく書いていますので、
ピアノのコードを覚える初心者の方は、
ぜひ参考にしてみて下さい。

上から順に読んでいくと、
自分でも簡単な曲作りができるような気持ちになりますよ!\(^O^)/

 

スポンサードリンク


 

音階を覚えよう。

 

まずは、みんなが知っているハ長調の音階は、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シと7つあり、
上にもう一つ繰り返すと1オクターブ上がるといいます。

onkai1

 

実は、これってイタリア語だったって知っていましたか?
あとは、英語・日本語で表記すると以下になります。

 
イタリア語 ファ
英語 C D E F G A B
日本語
 

それでは、次にコードを見て行きましょう!

 

コードネームを覚えよう。

 

このド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シの音階を
根音(こんおん:3つ音を重ねた時に基本となる音)にして、
お団子のように1音おきに2つ上に重ねると和音(コード)になります。

例えば、ド(C)の上に1音おきにミ(E)とソ(G)ヲ
重ねるとCのコードと言って、これをコードネームと呼びます。

onkai2

すると、それ以降は・・・

レ(D)・ファ(F)・ラ(A)でDmのコード
ミ(E)・ソ(G)・シ(B)でEmのコード
ファ(F)・ラ(A)・ド(C)でFのコード
ソ(G)・シ(B)・レ(D)でGのコード
ラ(A)・ド(C)・ミ(E)でAmのコード
シ(B)・レ(D)・ファ(F)でBm(♭5)


となります。

一番下の音は、1度・根音(ルート)
真ん中の音は、3度(サード)
一番上の音は 、5度(フィフス)


と呼ぶので覚えておいてください。

 

ちなみにm(マイナー)や♭5が付くのは、
白鍵(幹音)黒鍵(派生音)の関係で
音程の差が短い場合につくからなんです。
※今回は、ややこしくなるので説明省きますね。

 

また、コードの読み方には
ディグリーとうローマ数字で表記する
こともあるので覚えておいて下さい。

これは調を関係なく、音階上の何番目の
コードになるか表すことができるんですよ。

 

今までの内容を表にまとめてみます。

 
根音 ファ
C D E F G A B
コード C Dm Em F G Am Bm(♭5)
ドミソ レファラ ミソシ ファラド ソシレ ラドミ シレファ
Ⅱm Ⅲm Ⅵm Ⅶ(♭5)
 

スポンサードリンク


 

ダイアトニックコードとは?

 

ダイアトニック・コード?

 

何それ、聞いたことないよ! と思った方も
たくさんいるのではないでしょうか?

いきなり出てきた名前ですが、
上記までの話につながるものですのでご安心を♪

 

その正体は、7つのコードネームを並べたものになんです。
この7つの和音を適当に弾くと比較的相性良く曲ができあがるんです。

 

ちなみに、今までご紹介してきた
♯(シャープ)や♭(フラット)がない、

ハ長調(C音を主音とする)Cメジャーは、

C・Dm・Em・F・G・Am・Bm(♭5)

になります。
ここまでは、
3つの音を重ねたものなので3和音(トライアド)と呼ぶます。
第1音・第3音・第5音が重なったコードですね!
※例:ドミソでCのコード

他に4つの音、
第1音・第3音・第5音・第7音を重ねた
4和音(セブンス・コード)というコードもあるんです。
※例:ドミソシでCm7(シーメジャーセブン)のコード

 

さて、ここまでお伝えしたところで、
主要三和音の登場です!\(^O^)/

 

スポンサードリンク


 

主要三和音(スリーコード)とは?

 

主要三和音(しゅようさんわおん)とは、
ズバリ、Ⅰ・Ⅳ・Ⅴの和音のことです。

ダイアトニックコードの中で
重要な役目をするコードと言えばわかりやすいですね。

ハ長調だと

Ⅰ(C)が ドミソ
Ⅳ(F)が ファラド
Ⅴ(G)が ソシレ


のコードになります。

onkai3

 

なので、この主要三和音を適当に弾くと、
さらに相性良く自然な曲ができあがるんです。

 

しかしですね。
これにはコードを弾く順番の基本的なルールがあるんです。

それでは、どういうことなのか
見て行ていきますね!

 

終止形(カデンツ)を覚えよう。

 

曲が自然な流れで終わるには、
終止形(カデンツ)と呼ばれる進行のルールがあります。

主なルールは以下の3つです。

 
  • Ⅰ → Ⅴ → Ⅰ
  • Ⅰ → Ⅳ → Ⅴ → Ⅰ
  • Ⅰ → Ⅳ → Ⅰ
これをハ長調のコード進行で表すと

 
  • C → G → C
  • C → F → G → C
  • C → F → C
になります。

 

なぜ、このコード進行になるかということですが、
それは、コードには役目があるからなんです。

下の表を見て下さい。

 
Ⅰ(C) T:トニックコード(主和音) 落ち着いた響き。曲の始終で使われる。
 Ⅳ(F) SD:サブドミナントコード(下属和音) TとDの間で、T・Dどちらかに進行する。
 Ⅴ(G) D:ドミナントコード(属和音) 落ち着かない響きでTに進行したくなる。
 

そうすると役割の進行でみると以下になります。

 
  • T → D → T (強い終わり方になる。号令(起立・礼・着席)の進行)
  • T → SD → D → T
  • T → SD → T(おだやかな終わり方になる。)
 

これは、自分でピアノを弾いて音を確認してみて下さいね。

 

ちなみに他の和音は使えないの?ってなりますが、
副和音(代理コード)と言って、主要三和音の
代わりになることができるんです。

以下、簡単にまとめておきますね。
※()はハ長調のコード

 
主要三和音(スリーコード) 副和音(代理コード)
 Ⅰ(C)※トニック Ⅲ(Em)・Ⅵ(Am)
 Ⅳ(F)※サブドミナント Ⅱ(Dm)
 Ⅴ(G)※ドミナント  Ⅶ(Bm(♭5)・Ⅲ(Em)の転回形
 

これで、コードの役割や進行が、
ある程度理解できたのではないでしょうか?

でも、実際弾くとなると、「すぐにコードが弾けないのよね。」
・・・ということで次にコードの覚え方をご紹介します。

 

ピアノを弾く時のコードの覚え方

 

ピアノに指をのせたものの、すぐにコードが弾けない!

そんな、あたなは以下の動画をご覧ください。
すごくわかりやすいですね~。感謝♪感謝♪です。

 



 

覚え方は簡単!

以下の4つのコードの位置を覚えておけば、
移調しても探し出せるんですね!

 
  • C(シーメジャー) ドミソ
  • Cm(シーマイナー) ドミ♭ソ (真ん中の音(ミ)を半音下げるだけ)
  • C7(シーセブンス) ドミソシ♭ (4番目にシのフラットを追加)
  • Cmaj7(シーメジャーセブンス) ドミ♭ソシ♭ (Cmへ4番目にシのフラットを追加)

半音程1つを1とした場合は、以下で覚えると便利!

Cは  ルート音+4+3
Cmは ルート音+3+4
C7は ルート音+4+3+3
Cmaj7は ルート音+4+3+4

※YouTube動画 ピアノコード講座1より

 

最後に

piano2

いかがでしたでしょうか?

最後は、知らないコードネームも出てきたので、
次回にでもご紹介したいと思います。

ここまで読んでいただければ、
コード進行や指の位置の覚え方まで
一通り確認できたのではないかと思います。

 

次回は、コードの転回形などを交えて
ピアノ基礎をお伝えしていきたいと思います。

一緒にピアノライフを楽しみましょう!\(^O^)/


スポンサードリンク



こんな記事も読まれています。



コメントを残す

このページの先頭へ