東京の散歩デートなら自然を楽しむ等々力渓谷へ!

東京都内で自然を楽しみながらデートできるところないかなぁ。
ゆっくり・のんびり静かな場所で散歩してみたいよ~!^^

todoroki1

そんなカップルには等々力渓谷(とどろきけいこく)がオススメです♪

等々力渓谷は、なんと渋谷から電車で約20分という近さ!!
最寄り駅は、東急大井町線の等々力駅で、徒歩2分で行けるんです!!

 

そこには、緑の谷間に川のせせらぎを感じる癒しの世界が広がっています。

 

東京デートなら、まず日中に等々力渓谷で散歩した後に、
映画や食事を楽しむコースにすると、

とっても充実した内容になると思いますよ。\(^O^)/

 

それでは、今回は等々力渓谷の魅力や行き方・見どころ
ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

 

スポンサードリンク


 

等々力渓谷(とどろきけいこく)とは?

等々力渓谷は、谷沢(やざわ)川が侵食してできた
東京23区内の唯一の渓谷で、約1kmの長さです。

渓谷は、山に挟まれたところに川が流れている場所の意味ですが、
実際に行ってみると、「あぁ、これが渓谷なんだ」と肌で感じることができます。

todoroki2

ちょうど谷間に入るイメージなので、
等々力渓谷の入り口からは階段で川のあるところまで下っていくんですよ。

すると、ちょっと空気もひんやりした感じになり、
なんだかパワースポットに入った気分になります。

 

1時間もあれば十分自然を楽しむことができるので、
カップルやお子さんを連れての散歩にはもってこいですね。

もちろん、ご高齢の方やカメラを持った人もたくさん見かけますので、
幅広い年齢層から愛されている場所なんだなと思います。

 

スポンサードリンク


 

 等々力渓谷の行き方(等々力駅からのアクセス)

等々力渓谷は、等々力駅から2分の場所にあります。

ただ、注意して行かないと通り過ぎてしまうので注意して下さい!
(管理人が初めて行った時、曲がるところを気が付かずに真っ直ぐ進んでしまいました。^^;)

まずは、わかりやすいように等々力駅から等々力渓谷までの
アクセスを動画にしてみましたので確認してみて下さい。

動画の後半は、等々力渓谷の見どころになっていますので、
こちらも要チェックですよ♪


 
等々力渓谷への行き方

等々力駅は改札が1つです。
南口を出て踏切を渡り、すぐに右に曲がって大通りに出ます。

大通りに出たら左に曲がり、右前方にスーパーの成城石井が見えてきますので、
等々力渓谷案内板近くの横断歩道を渡って左に曲がります。

すぐに大きなケヤキの木があるので、
そこを右に曲がると「ゴルフ橋」が見えます。

その橋の手前の右手が等々力渓谷の入り口です。

※ケヤキの木のところをまっすぐ行かないようご注意を!

 

スポンサードリンク


 

 等々力渓谷の見どころ

ゴルフ橋のところから等々力渓谷入口の階段を下ると、
赤くて大きな橋だったことがわかります。

そこから川沿いに進むことになるのですが、
このあたりが一番の見どころです。

todoroki3

木漏れ日・鳥の鳴き声・川のせせらぎ・透き通った空気

そんな感じでしょうか。

 

この写真の左手にあるように、
子どもがケンケンパできそうな石もあります。

なんだかとても癒されます。

todoroki4

 
ただ、環八が上に通っているところは、少し車の音が聞こえてしまうので残念なところです。
都内でこれだけの自然が味わえると思えばここは我慢ですね。
 

ちなみに環八沿いの下から階段を上がるとOTTOという
イタリア料理屋さんに行くことができます。

等々力渓谷の景色を眺めながら熱々のピザが楽しめるんだとか。

こんなところから行けるとは面白いですね。

todoroki6

さらに進むと橋を数か所渡るところが出てきます。

手すりなどがないので、川をじっと眺めたり
手を取り合って落ちないように進むなどドキドキポイントもあります。

todoroki5

途中でトイレがある広場があるのですが、
そこを少し左手に上がると

等々力渓谷3号横穴(おうけつ)があります。

古墳時代後期から奈良時代に作られたものなんだとか。

横穴に近づくとライトアップされて中が見られるようになります。
(上に紹介した動画で見られます。)

todoroki7

元の道に戻って進んでいくと、湧水を利用した手水場があり、
その奥に湧水持ち帰り用の蛇口があります。

煮沸しないと飲めないようですが、ペットボトルを
何本も持ってきて入れている方がいました。

その方に声をかけてみると、
この湧水でコーヒーを入れると格別なんだとか!^^

todoroki8

ここまで10~20分ぐらいで来れますが、
利剣の橋を渡ってたどり着いた先は、

稲荷堂と不動の滝です。

不動の滝は、白糸のように細い滝で
この滝が渓谷に響いていたことから、
「とどろき」という地名になった由来があります。

todoroki13

この不動の滝の近くには、甘味処の「雪月花」があります。

なかなか味のある和風の造りですね。
行った日は12月23日だったので、

おしるこ甘酒が飲みたくなってしまいました。
他にも くずもち・抹茶・あんみつ・いそべもち・ラムネなどがありましたよ。

営業時間は11時~16時です。小さな鯉も泳いでいるので子供たちは興味津々。

todoroki9

こちらで休憩した後は、
階段を上がって等々力不動尊に向かいます。

ここでお参りして、おみくじを引きUターンして帰るのが王道コースです。

春は桜の花が咲き誇り、初詣も多くの人で賑わうようです。
特に節分の舞台上からの豆まきが人気があります。

todoroki10

その後、等々力不動尊から階段を下って、
すぐに左に行くと弁天堂明王台があります。七福神の女神ですね。

そこからさらに下ると地蔵堂がぽつんとあります。
以下のような散歩道を通ると気分がいいですね~。

todoroki11

利剣の橋まで戻って、左手に行くと日本庭園があります。
開園時間は、3~10月が9~17時、11~4月が9~16時30分です。
てっぺんまで上ると、
街並みが見渡せる芝生広場に到着します。

シート広げてお弁当を楽しむのもいいですね。
近くには、書院があって休憩できます。

セルフサービスで、温かいお茶もいただけますよ。

todoroki12

そして、等々力渓谷のパンフレットをこの書院で入手できます。
見どころがたくさん書いてあるのでデートの予習に勉強しておくのもいいかもしれません。

todoroki14

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回の記事がデートのお役に立てれば幸いです。

 

帰りがけには、たくさんのカップルと出会い
人気のデートコースになっているんだと実感しました。

あと、1人で行っても心が落ち着く場所です。

仕事で疲れた時には、ぜひ気分転換として足を運んでみて下さい。

今後も癒しスポット探してみたいと思います。
もし、オススメの場所がありましたら教えて下さいね♪


スポンサードリンク



こんな記事も読まれています。



コメントを残す

このページの先頭へ