バレンタインチョコ定番ランキング!義理でも嬉しいブランドは?

毎年、年賀状と同じように悩むのが
会社で配るバレンタインデーの義理チョコです。


今回は、面倒くさがり屋のあなたの為に
定番のブランドをご紹介します!\(^O^)/


 

スポンサードリンク


 

果たしてサラリーマン男性が喜ぶ
義理チョコはどんなものなのか?


choco2

中堅サラリーマンである管理人は、
昨年のバレンタインデーであまり見かけたことがない
輸入物のチョコをいただきました。

うれしいなぁと思って食べてみると、正直味が微妙・・・^^;

 

気持ちをいただいただけでもありがたいのですが、
男性目線としては水戸黄門の印籠のように、
定番ブランドの安心感を求めたかったりします。

そして、もしチョコが食べられない場合、
こどもへのプレゼントにすることもできますからね。

 

でも、その定番ブランドって何なの?となると思います。

最近は、バレンタインデーの季節になると
チョコレート業界が大盛り上がりになりますから・・・。

 

そこで今回は、管理人が厳選した

10の定番のブランドをランキング形式でお届けしたいと思います!^^

 

だいたい500円〜2,000円ぐらい出せば
デパ地下やオンラインショップで購入できますので、
チェックしてみて下さいね♪

それでは、早速見ていきましょう!!

 ※各ブランドごとにオススメ商品を載せていますが、
2014年12月のものになります。(税込で消費税8%)

 

スポンサードリンク


 

第1位 ゴディバ

チョコレートを普段食べない
おじさんでも知っている知名度の高い定番のゴディバ。

一粒一粒が上品で豊かな風味を味わえるチョコは、
おしゃれなおじさんにはグッときてしまいますね。

気軽なラインナップとしてオススメはコレです♪

 
  • ゴールドのエレガントパッケージの7粒入 1,620円
  • シンプルなプレーンチョコレート9枚入 1,188円
  • 一口サイズのラッピングチョコ5粒入 756円
  • 気軽に楽しめるチョコボールみたいなセルフトリート 723円
 

 

第2位 モロゾフ

ゴディバよりもちょっと小ぶりで種類も豊富なモロゾフ。

お値段もよりリーズナブルで、
どれから食べようか迷っちゃうほど、うれしいチョコレートです♪

オススメラインナップはコチラ!

 
  • ナッツやブランデーも楽しめるプレミアムチョコレートコレクション12個入 1,080円
  • こどもやお年寄りなど幅広く愛されるフェイバリット20個入 1,080円
  • お財布にやさしくバラエティ豊かなチョコレート24個入 810円
 

 

第3位 メリーチョコレート

モロゾフよりもリーズナブルで、
かわいいチョコがたくさん入っているのがメリーチョコレートです。

子供のお土産にすると喜ばれるブランドなので
結婚されている同僚や上司には持ってこいかも。

オススメはコチラ♪

 
  • 17種類の個性豊かなチョコレートを楽しめるファンシーチョコレート25個入 1,080円
  • カカオの香りとなめらかにとろけるちょっとリッチなマスターピースオブメリー12個入 1,620円
  • プレーンチョコレートがメインになるクリスタルパレット27個入 972円
  • カラフルな包み紙が胸おどるメリーズセレクトギフト チョコレートミックス540円
 

 

第4位 ガトーフェスタハラダ

ちょっと変化球かもしれないですが、
ここで選んだのは上品なバターとサクサクした食感がたまらないガートーラスクです。

代表ラインナップは、シンプルなグーテ・デ・ロワですが・・・

ここにコーティングしたチョコレートが重なると
高級感溢れるホッペが落ちるほどのおいしさに出会えます!!

1個1個袋に入っているので、大人数の時に大活躍しますよ♪

オススメはこの2つです!
奥さんやこどものお土産にしたら、即効でなくなりますのでご注意を。^^;

 
  • クリーミーなホワイトチョコをコーティングしたグーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート13枚 1,080円
  • 濃厚なミルクチョコレートをコーティングし金粉がのっているグーテ・デ・ロワ プレミアム8枚 1,296円
 

 

第5位 ベルン

花柄のかわいい包み紙に入ったミルフィーユで人気のベルン。

デパ地下やオンラインショップでよく見かけますね。

ミルクチョコレート・スイートチョコ・ヘーゼルナッツチョコの
3種類のやさしいサクサク感を味わえるチョコです。

これもお茶の間にあると、いつの間にか家族に食べられてしまう商品です。
お父さんは、コーヒーと一緒にサクッと楽しみましょう♪

 
  • ベルンのミルフィーユ11個入 1,080円
  • ベルンのミルフィーユ16個入 1,620円
 

 

第6位 六花亭

札幌空港でよく見かける北海道を拠点とした六花亭。

管理人は、バター・レーズン・ホワイトチョコを
ビスケットではさんだマルセイバターサンドが大好きで、
チョコレートをもらうならこっちがいいです。^^

あと、ストロベーリーチョコや
花柄の袋に入ったチョコレートなど個性豊かな商品が多いですね♪

お値段もお財布にやさしくリーズナブル!

 
  • チョコレート8枚入 700円
  • ストロベリーチョコホワイト箱入 650円
  • マルセイバターサンド10個入 1,200円
 

 

第7位 シュガーファース

東京「銀のぶどう」から誕生した
サクッ軽い口当たりが最高のウエファース専門店です。

このブランドを出している会社はグレープストーンで、
東京ばな奈やシュガーバターの木、バームクーヘンのねんりん家など
ヒット商品をたくさん出しています!

 
  • ミルクチョコレートと香ばしいアーモンドのシュガーファース ミルクショコラ6枚入 648円
  • ホワイトとミルクチョコレートが交互にのっているシュガーファース ショコラメール14枚入 648円
  • 板チョコをウエファースではさんだサンドウィッチショコラ8枚入 1,080円
 

 

第8位 ヨックモック

昔はシガールクッキーが定番でした。
いつまでも変わらぬ味はおじさんにとっては懐かしい味です。^^

お茶やコーヒーと一緒に、落ち着いたひとときを過ごすには最高ですね。
あぁ、あの頃の思い出がよみがえってきます♪

ミルクチョコレートで包んだクッキーのビエ オゥ ショコラオレも絶品!

 
  • 生地を折りたたんだミルクチョコレートクッキー ビエ オゥ ショコラオレ18枚入 864円
  • ミルクチョコレートとマカデミアナッツで包んだバトー ドゥ マカダミア16枚入 1,728円
  • 細い空洞のバタークッキーといえば定番のシガール14本入 864円
 

 

第9位 ロイズ

ロイズといえば、北海道の生クリームをたっぷり使った生チョコレート。
ただ、要冷蔵なので面倒くさがりの人向けに少し順位を落としました。(T_T)

近年では、ポテトチップチョコレートが人気になりましたが、
食べた当初は「何なのコレ〜。この組み合わせどうなの〜。」という感じでしたが、
甘さと塩味のハーモニーにとりこになっている方も多いようですね♪

 

お値段も比較的統一されているようでわかりやすい!^^

 
  • 生チョコレート(オーレ) 756円
  • ポテトチップチョコレート 756円
  • ピュアチョコレート 756円
  • チョコレートウエハース 756円
  • ナッティバーチョコレート 756円
 

 

第10位 銀座コージーコーナー

駅の周辺でよく見かけるのが銀座コージーコーナー。

ショートケーキやシュークリームなど
定番デザートがリーズナブルなのはご存知の通り!

義理チョコ買うの忘れてたっ!って時は、
会社のお昼休憩中にコージーコーナーに寄って
チョコレートをゲットして下さい!

大きさと値段ごとに、たくさんの種類の
バレンタインデー用のチョコレートが揃っています。

 
  • 13種類14個入りの定番プラリネショコラ 1,080円
  • 生チョコレートの銀座のレンガ20個入 540円
  • カラフルなトリュフドフリュイ6種10個入 864円
 

スポンサードリンク


 

最後に

いかがでしたでしょうか?

バレンタインチョコの購入のヒントになりましたか?

choco

えっ? まだ物足りない・・・?

 

そんなあなたには、こんなブランドはいかがでしょうか?

 
  • 不二家のペコちゃんのチョコレートギフト
  • 気軽に「お疲れさまです!」と声をかけて渡せるチロルチョコ
  • サクサクのサブレにナッツとチョコで包んだヴァタメールのマカダミア・ショコラ
  • やわらかクッキーのようなR.Lのコロコロワッッフル
  • ピエール・エルメ ・パリのカラフルマカロン
  • かわいいケーキやクッキーが印象的な西武にあるボン+ボンヌ アニバーサリー
  • ネスレのキットカット!友チョコなどの同僚の励ましにも使えます。
  • 石屋製菓の白い恋人 ホワイトチョコがたまりません。
  • 金色の包み紙が印象的な丸いチョコのフェレロ ロシェ!たくさん入って超おいしい!
 

本当ならもっともっと紹介したいのですが、
これだと選べなくなってしまうので、この辺にしておきます。

ちなみにここまでのブランドはバレンタインデーだけではなく、
ホワイトデーや大切な人への祝いやお土産などにも参考できると
思いますので、ぜひブックマークしておいて下さいね♪

 

それでは、また!


スポンサードリンク



こんな記事も読まれています。



コメントを残す

このページの先頭へ