皆既月食2015!いつ見られるの?時間は?月食のおさらいも簡単に♪

2015年に見られる皆既月食はいつ?

ズバリ、2015年4月4日(土)です!!

kaiki

2014年10月8日(水)の皆既月食に続いて
こんなに早く見られる瞬間が来るなんて奇跡です!

年に1回見られるかどうかですからね。^^

でも、何時ぐらいから見られるんでしょうか?

今回は、皆既月食を見逃したくないあなたの為に、
皆既月食の見られる時間をズバッとご紹介しちゃいます。

会社から帰って、お子さんと一緒に観察できる
時間帯なので、絶対見逃さないで下さいね!!

そして、最後に皆既月食とは何なのか簡単に
おさらいしたいと思います。

ぜひ、お子さんへの説明などにお役立て下さい♪

スポンサードリンク


 

皆既月食を楽しめる時間帯はいつ? 

2015年4月4日(土)に見られる皆既月食は、
なんとうれしい大安です!!

そして、日本全国で観測できるんです〜\(^O^)/

注目の時間ですが、19時15分頃から
どら焼きをアムッと一口食べた時のように月が欠け始め、
次の時間帯に、地球の影に月がすっぽり入ります。
(月を食べるで月食(げっしょく)。なるほど・・・)

 
20時54分〜21時6分の約12分間 
 

すると月が地球に隠れるので見えなくなると思いきや、
赤銅色(しゃくどういろ)といった月食特有の神秘的な
赤い満月を見ることができるんです。^^

この時間帯は、こども達がご飯を食べて、お風呂に入り
宿題が終わって寝る前の時間帯です。

しかも、土曜日なのでサラリーマンのご家庭なら
お休みの方が多いと思いますので、仕事を気にせずに
楽しめそうですね!

スポンサードリンク


 

皆既月食とは?

皆既月食は、簡単に表現すると、
太陽・地球・月が一直線に並び、
月が地球の影に完全に隠れる状態を言います。

 
太陽の光がつくる → 地球の影に → 月がすっぽり入る
 

太陽の周りを地球が回り、地球の周りを月が回っていますが、
太陽と月の回る時の傾きにズレがあるので、
きれいに月が地球の影の中を通ることは少なくなります。

なので、1年に約12回満月になっても、
皆既日食が見られるのは1〜2回になるんですね。
(昼間だと見られませんし・・・)

ちなみに、月が赤っぽくなるのは、
太陽の光が地球の空気に当たりながら進む為なんですよ。

スポンサードリンク


 

皆既月食を次に見られるのはいつ? 

もし、4月4日の皆既日食の時間帯は、
どうしても仕事で見られない!という方に、

その次に、日本で見られるのはいつなの?

・・・ということで調べてみました。

次は、部分日食といって、少しだけ影に隠れる状態が、
2017年8月8日(火)仏滅に見られます。

ただ、どら焼きをパクッとしたような欠けた感じの
ところまでの観測になります。

その次は、2018年1月31日(水)友引に
皆既月食を見ることができます。

今回の4月4日を逃すと、ちょっと先になりそうですね〜。

※2015年9月28日にも皆既月食がありますが、
 残念ながら日本では見えません。

・・・ということで、

できるだけ今回のチャンスを逃さないで下さいね!!!


スポンサードリンク



こんな記事も読まれています。



コメントを残す

このページの先頭へ